お洒落なケーキ店シュクレ菱屋本店

東大阪市の長瀬駅周辺の街は庶民的な街であり、近畿大学の本部キャンパスもあり、学生の多い街でもあります。
そんな街に少しお洒落なシュクレ菱屋本店と言うケーキ店があるのです。

近鉄大阪線の長瀬駅から、長瀬川沿いに5分ほど北に向かった所に、そのお店があります。
余談ですが、店名の「シュクレ」とはフランス語で「砂糖」という意味との事です。

このお店のケーキは、定番のショートケーキやショコラケーキやロールケーキも美味しいですが、何と言っても特徴的なのが、季節のフルーツを使った多彩なケーキが四季折々提供されている点です。
店主のこだわりが、厳選されたフルーツに感じる事が出来る気がします。
もちろん、焼き菓子も販売されています。

このお店の特徴は、それほど広くはありませんが、店内に喫茶コーナーがあり、美味しいケーキを店内でゆっくりとお茶をしながら頂ける点です。

ゆったりとくつろげる椅子に腰かけて、窓から外を見れば、道路の向こうに長瀬川沿いの桜並木があり、その奥には登録有形文化財の樟徳館(旧森低)の立派なお屋敷の門が見えます。
平日には、この喫茶コーナーではケーキバイキングも行われています。

このシュクレ菱屋本店のケーキは近鉄大阪線と奈良線が分かれる布施駅構内に出店している店で購入できますので、長瀬までわざわ出かけるのはちょっとと言う方にはお勧めです。